1人親家庭の生活支援に関する手続きについて


離婚後に一人親家庭になると経済的に窮することが多く、精神的に追い詰められてしまうケースもあります。各自治体では一人親家庭をサポートするための手当支給を行っています。条件に合致していればもらえるお金もありますので、しっかりと確認した上で迅速に手続きする必要があります。
児童扶養手当は元々離婚後の母子家庭の生活を支えてくれる制度でしたが、改正されて父子家庭にも支給されるようになりました。一人親家庭の生活の安定と自立を助けるための制度であり、父母に代わってその児童を養育している人にも支給されます。対象は18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間、もしくは20歳未満で心身に中度以上の障害がある場合です。該当する場合は自治体の窓口に出向いて認定請求を行います。

医療費助成は乳幼児の医療費を軽減してくれる、自治体独自に行われているサポートです。助成内容は自治体によって様々ですので、住んでいる地域でどのようなサポートが行われているのかを調べてみることが大切です。対象となる年齢は自治体によって変わってしまいますが、サポートを受ける上で必要となる条件として何らかの健康保険に加入していなければならないという点は共通です。

コメントは受け付けていません。