子供に関する手続きについて


夫婦が離婚後、親権を母親が持つケースは大変多いです。
未成年の子供が居る場合、親権者を父が母のどちらかに定めなければなりません。
また、妻は婚姻時の氏をそのまま名乗る事も出来ますし、旧姓に戻る事も可能です。
旧姓に戻った場合、子の氏の変更許可の申し立てをしなくては子は母と同じ氏を名乗る事は出来ませんし、同じ母と子は同じ戸籍に入る事は出来ないのです。
裁判所に子の氏の変更許可の申し立てを行い、許可が出ると許可書を添付し入籍届を役所に提出します。

これで、子は母と同じ氏を名乗り、母の戸籍に入籍できるのです。
婚姻時の氏を名乗る場合でも、子を母の戸籍に入籍させたい時には同じ手続きをする必要があります。
旧姓に戻る時に注意しなくてはいけない事があります。

それは子と同じ戸籍に入りたいなら、母を筆頭とした新戸籍を編成しくてはいけません。
離婚後、両親の戸籍に復籍した場合、復籍後の戸籍に自分の子は入籍させれないからです。
ですから、子と一緒の戸籍にしたいなら、離婚後直ぐに自分の新戸籍を編成しましょう。
子の氏を変更したら、住民票の氏も自動的に変更となります。
学校などのその他付随する手続きも忘れずに行いましょう。
また、母子手当や特別児童手当などの手続きも忘れずに行う事をおすすめします。

コメントは受け付けていません。