名義の変更手続きが必要なものって?


新たな人生の始めるにあたって必要な手続きというのは数多くあります。
苗字が変わる場合、それに伴って名義変更が必要なものがいくつかあります。

運転免許証やパスポートなどが代表的なものですが、銀行の預金口座名義もそのうちの一つです。

今回は銀行口座の名義変更の必要性と効率的な方法について解説します。

まず、必要性についてですが、
銀行口座から公共料金などを自動引き落としとしている場合、名義が変わったことを知らせておかないときちんと引き落としができない場合があります。
自動引き落しの場合、最初に設定された預金者のデータと請求者のデータをコンピュータで管理しているので、名義が異なっているとエラーが起きてしまうことがあるのです。
名義が変わったらできるだけ早く手続きをする必要があります。

次に手続きの際に必要となるのもですが、
通帳、キャッシュカードはもちろん、新旧印鑑、そして旧姓と新しい苗字が一緒に記載されている公的書類などが必要となります。
公的書類については書き換えた直後の運転免許証やパスポート、戸籍謄本などがそれにあたります。
なお、銀行によって必要のものは異なる場合がありますので、電話などで事前に問い合わせをしておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。