離婚して多くの人が後悔しがちなこと


恐らくすべての人にとって離婚という決断は非常に大きな人生の決断になると思われます。それは決して気軽に決断できるものではなりません。それだけにバツイチになった後の人生のこともよく考えたうえで、その決断を後悔しないものにしたいと思います。バツイチとなってから多くの人が後悔しがちなことの一つとしてあるのが「寂しい」ということです。どのようなことがあったにせよ、数年あるいは十数年、いやいや

数十年も一緒に生活してきたパートナーと別れたことで、確かに一時はすっきりした気持ちになるかもしれません。しかしふと気がつくと隣にいた人がいないということはとてつもない寂しさを伴うものでもあるのです。また別れる過程においてあまりに周囲の理解が得られないようなやり方をすると、家族はおろか友人までも失ってしまう結果となりかねません。

ですから、お子さんがいる方にはパートナーと別れる決断をする前にお子さんとよく話し合っておくことが重要です。また可能であれば結婚した時にお世話になった友人や親せきなどにも、こうした決断に至った経緯と今後の身の振り方についてしっかりと説明し、一人になった後の生活の不安を少しでも取り除いておくことが大事になってきます。

コメントは受け付けていません。